スター・ウォーズ

映画で英語!:“The Rise of Skywalker” の ”Rise” に込められた本当の意味とは⁉︎

Star Wars, Episode 9, The Rise of Skywalker(スカイウォーカーの夜明け)の”Rise”(夜明け)とはどういう意味なのでしょうか?

映画公開前はよく分かりませんでしたが、映画を見て、”Rise”(夜明け)には、深い意味が込められていたことがよく分かりました。

以下、ネタバレを含みますので、ご注意ください。

鍵となる重要な2つのシーン

タイトルを読み解く上で重要なシーンは2つあります。

ひとつは、パルパティーンと対峙する最後の戦闘シーン。

もうひとつは、惑星タトゥイーンでの映画のラストシーンです。

最後の戦闘シーン

Palpatineは、当初、Reyに自分を殺させることでダークサイドに取り込み、Sithを導く新たな皇帝にしようとします。

しかし、Reyがそれを拒絶し、Benと共闘したことから、2人と対峙しますが、2人のフォースを吸い取ることで、Palpatineの体は完全に復活します。

そこで、Palpatineは計画を変更し、2人を倒そうとします。

ReyとBenからフォースを奪い力を取り戻したPalpatineに力負けし倒れ伏す中で、Reyは呟きます。

“Be with me, be with me”「我と共にあれ、我と共にあれ」

これは、映画冒頭の訓練シーンで岩と共に宙に浮きながら呟いていた言葉と同じです。

共にあれといっている対象は、”Force” でしょう。

冒頭の訓練シーンでは失敗しますが、このラストシーンでは遂に成功し、Force Ghost となった Jedi たちの声が響きます。

その中で、先人ジェダイ達が繰り返すのが”RISE”という単語です。

– Obi-Wan Kenobi (both Ewan McGregor and Alec Guinness): “These are your final steps, Rey. Rise and take them… Rey… Rise.”
ーオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガーとアレック・ギネス):「これはお前の最後のステップだ。レイ、立ち上げれ、そして、踏み出せ。レイ、立ち上げれ。」

– Anakin Skywalker: “Rey… Bring back the balance, Rey, as I did… The Force surrounds you, Rey… Let it lift you.”
ーアナキン・スカイウォーカー:レイ、フォースにバランスを取り戻すのだ。レイ、私がしたように。フォースはお前の周りにある。レイ、フォースの力で立ち上げれ。

Let it lift you はRiseではありませんが、Riseと同じような意味です。

– Qui-Gon Jinn: “Every Jedi who ever lived, lives in you… We stand behind you, Rey… Rise.”
ークワイ=ガン・ジン:これまで生きた全てのジェダイがお前の中に生きている。我々はお前の後ろにいる。立ち上がれ。

– Adi Gallia, seen in Phantom Menace, main role in The Clone Wars: “Rise, Rey.”
ーアディ・ガリア(ファントム・メナスに登場、クローン・ウォーズの主要人物):立ち上がれ、レイ。

– Yoda: “Rise in the Force, Rey.”
ーヨーダ :フォースの中で立ち上がれ、レイ。

この1分余りのシーンの中で、Let it lift youも含めればRiseは6回使われています。

“Rise”の対象はReyであると同時に、Anakinから始まるSkywalkerの系譜でもあります。

Dark sideとLight sideの両方を包含し、両者をre-balanceさせながら、そのforceの中で立ち上がれということです。

Reyは実際の血筋的にはPalpatineですが、Skywalkerであることを選ぶのです。

The Rise of Skywalker、ReyがSkywalkerとして立ち上がるという意味が込められています。

ラストシーン

ラストシーンでは、惑星タトゥイーンのLukeの育てられた家の跡をReyが訪ねます。

そこで、LukeとLeiaのライトセイバーを、地中深くに埋葬します。

そこに、女性が通りかかりReyに尋ねます。

“Who are you?”

Reyは答えます。

“Rey”

女性は更に質問します。

“Rey, who?”

Reyは一瞬考え、答えます。

“Skywalker, Rey Skywalker”

Reyが自らをSkywalkerを継ぐものであることを明確にした瞬間です。

Reyの新しいライトセイバーは、黄色に輝いています。緑(Jedi)でも赤(Sith)でもなく黄色です。

ライトセイバーの柄は、灰色がかって、Ben(Kylo)の黒の柄を一瞬彷彿とさせます。

黄色はバランスを取り戻したForceの象徴といえるでしょう。

最後に、タトゥイーンの「夜明けの太陽」(”Sun-rise”)に向かい、Reyが立ち上がります。

正に、Skywalkerの「夜明け」で、Skywalker Sagaの幕は閉じまるのです。

如何ですか?

Riseには実は深い意味とEp.1から続く多くのJediの思いが込められていました。

シリーズの最後を締め括るに相応しい単語で感慨深いですね。

スターウォーズ関連記事一覧へのリンク

https://english-showering.com/category/entertaimentrecommendation/starwars

スカイウォーカーの夜明け関連記事

ブログ更新をメールで受信

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

RELATED POST