エンタメ(ジャンル)

映画で英語:ポケモン初の実写映画ー’Pokémon: Detective Pikachu’ 名探偵ピカチュウ ー予告編(2)

ポケモンは世界中で高い人気を維持し、アニメ映画は何本も撮られていますが、今回、初めて実写版映画が製作されました。

2016年に発売されたゲーム、名探偵ピカチュウが原案です。

世界公開は2019年5月10日ですが、日本だけは1週間先行し、5月3日に公開されます。

予告編(Official Trailer)は、2018年11月に1つ目、2019年2月に2つ目が公開されています。
セリフが多く、英語の勉強に適しているだけでなく、これを見るだけでどんな映画かイメージも湧いてくるので、おススメです。

今回は2つ目を紹介します。

如何ですか?

2018年11月の1つ目の予告編もよかったですが、これもいいですね!

それでは、内容をみていきましょう。

2019年2月公開予告編の内容

So there I was. I was woke, up with a heavy case of amnesia in the middle of nowhere. 気付いたらそこにいた。どこかわからないところでひどい記憶喪失だった。

The only clue to my past is Harry’s name and address inside this hat. 唯一の鍵は、この帽子の中のハリー(ティムの父親)の名前と住所だけだった。
So, I made my way to the apartment and that’s when I found you and your stapler gun. だから、このアパートにきて、お前とお前のホッチキス銃に出会ったわけだ。
Stop talking. You are a hallucination. 話すのを止めろ。お前は幻影だ。
You are a hallucination. お前が幻影だ。

So you are a talking PIkachu with no memories who’s addicted to caffeine. ということは、君は話しができるピカチュウで、記憶喪失で、カフェイン中毒ということか。
I could stop whennever I want. 俺はいつでも好きな時に止めることができる。
These are just choices, another round, extra shot, black as night, thank you, sweetie, 選択の問題さ。もう一杯濃いブラックを頼むよ。かわい子ちゃん。

I don’t know, maybe Harry got it in too deep, and mixed up with the wrong crowd that kind of thing. わからないが、恐らくハリーは深く入り込みすぎて、なんか悪い奴らと何かあったんだ。
Look, you can talk to humans, and I can talk to Pokemon. ほら、お前は人間と話せる。俺はポケモンと話せる。
And if you wanna find your pops. もしお前がパパを見つけたいなら、
We are gonna need each other. 俺たちは一緒にいるべきだ。
No, I don’t need a Pokemon. 僕はポケモンはいらない。
What about a world-clase detective? 世界的な名探偵だったらどうだ?

Ah, my clues. 鍵だ。
What is all this? 何だこれは?
Harry is still alive, case closed. ハリーはまだ生きてる。事件解決。
But still open, until I solve it. でもまだ解決じゃない。俺が謎を解くまでは。
Alright, here it is. 分かった。こうだ。
Harry faked his own death. ハリーが自分で死を装った。
Or somebody else faked Harry’s death. 誰がハリーの死を装った。
Or Harry faked somebody else’s death, and last one doesn’t”t work at all. あるいは、ハリーが誰かの死を装った。最後のは違うか。
No, 違う。

Now, obviously, I’ve dealt with this putz before. So, I’ll just do it again. 明らかに、あいつとは一度やったことがある。だから、もう一度やるだけだ。
Hey bud, what are you doing? おい、一体何をやってるんだ?
I can’t do when people are watching. 皆が見てると出来ない。
Get me hell out of here! ここから出してくれ。
Pika-pika… ピカピカ、、
That’s a twist. これは謎だ。
That’s very twisty. とても謎だ。

Get him! 捕まえろ。
He’s barely moving. 彼はちっとも動いていないぞ。
Don’t tell him that. それは言わないであげて。
Oh, he is on a bike, quick バイクに乗った。早く。
Get in front of him 彼の前に出ろ。
Stop. Oh, no. 止まれ。ああだめだ。
He is going down hard, Tim. 酷い頼れようだ、ティム。
Should have worn a helmet. ヘルメットをするべきだったな。

Pokemon: Detective Pikachu, Official Trailer 2 by Warner Bros. PIctures

内容を理解したところで、もう一度予告編ビデオを見るとより効果的ですよ。

予告編で気になる単語

Amnesia:「記憶喪失」です。言い換えで、「no memory」も使われています。

Clue:「鍵」「手掛かり」。扉の鍵ではなく、謎の鍵、手掛かりの方です。

Addict:「中毒」「大好き」「大ファン」。カフェイン中毒やタバコ中毒のような中毒だけでなく、アニメ好きやマンガ好きなどにも使えます。

Bud:「ダチ」「相棒」。Buddyの省略形です。仲のいい友達や仲間に使えます。

Case closed:「事件解決」。事件=Case のファイルを閉じる=Close からきています。Close する手前の犯人逮捕などの段階での解決には Crack を使います。Zootopia で犯人逮捕の記者会見ではこの Crack を使ってました。

名探偵ピカチュウ:映画の原案となったゲーム

名探偵ピカチュウ関連記事:ご興味ある方は是非!

Pikachuk公開記念特別動画配信

Picachu公開を記念してHuluが特別動画を期間限定で配信するそうです。

『名探偵ピカチュウ』公開記念 5月10日(金)からHuluで特別番組独占配信 「竹内涼真in ハリウッド!! Hulu完全版」 竹内涼真セレクトグッズなどが当たるプレゼントキャンペーンも!

5月3日(金)に全国東宝系にて『名探偵ピカチュウ』が公開されることを記念して、同作をより深く楽しめる魅力満載の特別番組を5月10日(金)と5月17日(金)の2回にわけて、期間限定で独占配信いたします。さらに日本語吹替版で主人公ティムの声を担当する、竹内涼真さんが自らハリウッドで選んだお土産や、ポケモンファンにはたまらない名探偵ピカチュウのかわいいグッズが抽選で当たるプレゼントキャンペーンも同時開催します。

https://news.happyon.jp/hulu-contents/meitantei-pikachu

Huluにまだ入っていない方は、こちらから2週間無料トライアルが出来ます。

hulu
ブログ更新をメールで受信

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。