発音

発音記号を覚えよう:オーとオウはおお違い

英語耳:歌や映画等好きな素材を繰り返し真似するParrot’s Lawはリスニング力向上におススメ」で書いたように、知らない発音は理解出来ません、逆に、リスニング力向上には、正しい発音を理解する必要があります。

カタカナ英語の弊害はいろいろありますが、ここでは「オー」と「オウ」の違いについて触れます。

発音記号では、「オー」は「ɔː」、「オウ」は「ou」となります。

発音自体はそれほど難しくありませんが、問題はカタカナ英語の氾濫でどれが「ɔː」でどれが「ou」かが、多くの人があまり意識しておらず、区別されていないことです。

「オー」と「オウ」:「英語」と「カタカナ英語」の具体例

具体例で、見てみましょう。

オウの単語発音記号カタカナ英語オーの単語発音記号カタカナ英語
boatbóutボートboughtbɔ́ːt—-
coatkóutコートcaughtkɔ́ːt—-
loanlóunローンlawnlɔ́ːn—-
lowlóuローlawlɔ́ːロー
sowsóu—-sawsɔ́ː—-
bowlbóulボールballbɔ́ːlボール
coalkóulコールcallkɔ́ːlコール
onlyóunliオンリー
oldóuldオールド
coldkóuldコールド
don’tdóuntドーント
mostmóustモースト

日本人は「オウ」が苦手

上の例を見て気付いた方も多いと思いますが、日本語では「オウ」という発音はあまり馴染みがないためでしょうが、カタカナ英語では大抵「ɔː」も「ou」も両方「オー」になります。

どの単語が「オウ」なのか主な単語だけでも理解しておくと、それだけで随分違うと思います。

Spell に正確な法則はありませんが、上の例で見る限り、傾向として、「oa」「ow」「on」「ol」は「オウ」と発音、「aw」「all」は「オー」と発音することが多いようです。

ウサギ
ウサギ
オンリーはオウンリー、住宅ローンは住宅ロウン、が正しい発音なんだ
カメ
カメ
カタカナ英語の弊害だね

・日本語(カタカナ英語)では、「オウ」も「オー」も「オー」と発音

・どれが「オウ」かキチンと区別しよう

・「oa」「ow」「on」「ol」は「オウ」と発音することが多い

関連記事

ブログ更新をメールで受信

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。