エンタメ(ジャンル)

ミュージカルで楽しく英語学習 ー 英国児童文学Matilda(マチルダ)は最高!

英国児童文学Matilda(マチルダ)で英語を学ぼう

Matildaって知ってますか?

英国児童文学の巨匠、Roald Dahl(1916年ー1990年)の代表作です。

マチルダは文学と数学に素晴らしい才能を持つ天才少女。しかし父親はポンコツ車を高級車と騙して売るインチキディーラー、母親はカジノのビンゴに入り浸り。二人は冷凍食品を食べながらテレビを見るのが大好きで、マチルダを馬鹿者扱いし怒鳴りちらします。
そんな環境でも、マチルダは泣き寝入りをせず、イタズラで仕返しします。
小学校に行くようになると、子供が大嫌いな元ハンマー投げ選手の校長先生トランチブルの支配する世界。担任のミス・ハニーはマチルダの才能に気づき、飛び級させるべきと主張するが、トランチブル校長に一蹴され、、、、

といったお話です。厳しい環境でもへこたれず、時に逆襲をしながら、自力で道を切り開く、マチルダはそんな魅力的な少女です。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/マチルダは小さな大天才

原作本は楽天で購入できます。楽天によると、英語難易度はTOEIC470程度とのこと。実際、児童書なのでそれほど難しくなく、中学生程度でも十分読める内容だと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MATILDA(B) [ ROALD DAHL ]
価格:885円(税込、送料無料) (2019/2/9時点)


Roald Dahlの他の有名な作品には、Disney制作・Tim Burton監督のCharlie and the Chocolate Factory(邦題:チャーリーとチョコレート工場)、Disney制作・Steven Spielberg監督のThe BFG(邦題 BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)があります。

2016年ロンドン、ピカデリーサーカスの本屋Waterstonesのショーウィンドウ:Roald Dahl生誕100周年記念。 Roald Dahlの色々な作品が展示されていました。

Matildaも1996年に米国で映画化されていますが、残念ながら映画の出来はイマイチです。Matildaはやはり原作本とMusicalです。特にMusicalは秀逸です。

子供はすぐ大きくなってしまうので、主要な子役は半年もするとドンドン変わっていってしまいます。また子供で毎日は出演できないので、常時3人程度交代で回しています。そういう意味では、何回観に行っても、毎回出演者が変わっていて、変化も楽しめます。

一方、上級生役は、Royal Shakespeare Companyの大人の役者が演技し、安定感を示しています。小学1年生の子供からみると上級生は大人のように見えるという実感を表しているという意味でも、成る程と思わせる演出です。

ミュージカルのストーリーは原作とほぼ同じですが、ラストシーンだけかなり異なります。原作は切なさ・やり切れなさが残り胸がちょっと痛いラストでしたが、ミュージカルはハッピーエンドで終わっています。Roald Dahlの作品は風刺が効いたものが多いのですが、ミュージカルは楽しい気持ちで帰って欲しいということで変えたのでしょう。通常はこの手の修正は嫌いなのですが、これに限っては成功しているといえます。

2016年ロンドン、West EndのCambridge Theatre:Matilda公演中
Cambridge Theatreの舞台開演前:こじんまりしているけど舞台美術が秀逸

Matilda のミュージカルナンバー

楽曲もみな素敵ですが、お気に入りは、NaughtyとWhen I grow up、そしてRevolting Childrenです。特にNaughtyの歌詞は、大人にとっても幾つになってもいえることで、元気をもらえます。

Jack and Jill, went up the hill
To fetch a Pail of water, so they say
Their subsequent fall was inevitable
They never stood a chance, they were written that way
Innocent victims of their story

Like Romeo and Juliet
T’was written in the stars before they even met
That love and fate and a touch of stupidity
Would rob them of their hope of living happily
The endings are often a little bit gory
I wonder why they didn’t just change their story?
We’re told we have to do what we’re told but surely
Sometimes you have to be a little bit naughty.

Just because you find that life’s not fair it
Doesn’t mean that you just have to grin and bear it
If you always take it on the chin and wear it
Nothing will change.

Even if you’re little, you can do a lot, you
Mustn’t let a little thing like, ‘little’ stop you
If you sit around and let them get on top, you
Might as well be saying
You think that it’s okay
And that’s not right!

Cinderella, in the cellar,
Didn’t have to do much as far as I could tell.
Her Godmother was two-thirds fairy,
Suddenly her lot, was a lot less scary,
But what if you haven’t got a fairy to fix it?
Sometimes you have to make a little bit of mischief.

Just because you find that life’s not fair it
Doesn’t mean that you just have to grin and bare it
If you always take it on the chin and wear it

Nothing will change.

Even if you’re little, you can do a lot, you
Mustn’t let a little thing like, ‘little’ stop you
If you sit around and let them get on top, you
Might as well be saying
You think that it’s okay
And that’s not right!
And if it’s not right!
You have to put it right!

In the slip of a bolt, there’s a tiny revolt.
The seeds of a war in the creak of a floorboard.
A storm can begin, with the flap of a wing.
The tiniest mite packs the mightiest sting!
Every day, starts with the tick of a clock.
All escapes, start with the click of a lock!
If you’re stuck in your story and want to get out
You don’t have to cry, you don’t have to shout!

‘Cause if you’re little you can do a lot, you
Mustn’t let a little thing like, ‘little’ stop you
If you sit around and let them get on top,
You won’t change a thing!

Just because you find that life’s not fair, it
Doesn’t mean that you just have to grin and bare it!
If you always take it on the chin and wear it
You might as well be saying
You think that it’s okay
And that’s not right!
And if it’s not right!
You have to put it right!

But nobody else is gonna put it right for me
Nobody but me is gonna change my story
Sometimes you have to be a little bit naughty

因みに、冒頭のジャックとジルは、日本ではあまり馴染みがありませんが、マザーグースの歌で、水を汲みに丘へ出かけたジャックとジルが、転んで王冠を壊してしまう話です。その後のロミオとジュリエットは有名な話なので皆知っていると思います。どちらも悲劇ですが、Matildaは、その運命に疑問を呈します。何故、その運命を自分で変えようとしなかったのかと。

特に最期のNobody else is gonna put it right for me. Nobody but me is gonna change my story.のくだりは正にその通り。自分の人生は自分で切り開いていくんだという気持ちにしてくれます。

子供向けとバカにしたものではありません。機会があれば、是非一度観てくださいね。

また、原作本もオススメです。児童文学なので、難しい単語も少なく読みやすいですよ。


Cambridge Theatre内の掲示:これ以外にも今日の役者の紹介を黒板に手書きでしたり、学校ぽい雰囲気が満載

楽天でミュージカルのアルバムを購入することもできます。(ご興味ある方は下記リンクご参照ください)


ブログ更新をメールで受信

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。