エンタメ(おススメ)

ヨーダの名言(2):No! Try not. Do. Or do not. There is no try.

Star Warsの人気キャラクター、ヨーダ(Yoda)は、Jedi Masterであると同時に、Master of the Order(ジェダイ騎士団の統率者)で、Jedi High Council(ジェダイ最高評議会)のGrand Master(最長老)です。

Jediの最高指導者である彼は、多くの名言を残しています。

「ヨーダの名言」シリーズとして、彼の名言を一つずつ取り上げる今回は2回目です。

ヨーダの名言(2):No! Try not. Do. Or do not. There is no try.
〜ヨーダからルークへの初めての Force の特訓〜

今回は Eipsode IV: The Empire Strikes Back (帝国の逆襲)でLukeがYodaからForceの特訓を受けた際の言葉です。

沼地に半分埋まったXーWing戦闘機を、Forceの力で手を触れずに引きあげろと指示をするYodaに対し、Lukeは「分かった。やってみるよ (I’ll give it a try)」と言います。

それに対し、「やってみるじゃない。やるかやらないかじゃ(No. Try not. Do. Or do not. There is no try)」と喝を入れます。

LUKE Master, moving stones around is one thing. This is totally different. マスター、周りの石を動かすのは分かる。でもこれは全く違う。
YODA No! No different! Only different in your mind. You must unlearn what you have learned. いや、違わない! お主の心持ちが違うだけじゃ。常識を捨て去るのじゃ。
LUKE (focusing, quietly) All right, I’ll give it a try. (静かに集中して)分かった。やってみるよ。
YODA No! Try not. Do. Or do not. There is no try. 違う!やってみるじゃない。やるかやらないかじゃ。試しはいらいない。

Luke closes his eyes and concentrates on thinking the ship out. Slowly, the X-wing’s nose begins to rise above the water. It hovers for a moment and then slides back, disappearing once again. ルークは目を閉じると集中する。ゆっくりとX-Wingの先端が水面上に出始める。一度は浮上するが、もう一度ゆっくりと沈んでいく。

LUKE (panting heavily) I can’t. It’s too big. (ハアハアと喘ぎながら)だめだ出来ない。大きすぎるよ。
YODA Size matters not. Look at me. Judge me by my size, do you? Hm? Mmmm. 大きさは問題ではない。ワシを見ろ。ワシのサイズでワシを判断するのか?ええっ?

Luke shakes his head. ルークは首を振る。

“Do. Or do not. There is no try.”
Forceだけでなく、仕事や学業、全てについていえる言葉ですね。

このシーンでもうひとつの名言は、”Judge me by my size?” です。

「人間としての大きさや意思の強さに、サイズは関係ない」
ヨーダが言うからこそ説得力がありますね。

ヨーダの独特の話し方
〜目的語を前に出す到着法〜

ヨーダの話し方は独特で、それが彼の独特の雰囲気を醸し出しています。

興味ある方はこちらの記事も是非ご覧ください。

ヨーダの名言シリーズ

他のヨーダの名言はこちらの記事をご覧下さい。

https://english-showering.com/yoda-quote-3-udge-me-by-my-size-do-you

Star Wars関連記事

Blu-ray

気に入ったフレーズは、定着のため、実際に使ってみよう!

気に入ったフレーズ、気になったフレーズは、まず声に出して読んでみましょう。

そして、自分が実際に使う場面を想像して、一人ロール・プレイをしてみるのも有効です。

でも、それよりも更におススメは実際にネイティブとの会話の中で使ってみることです。

ネイティブの友達がいれば一番いいのですが、そういう人は少ないでしょうし、実際にいたとしても、普段の普通の会話の中で、自分の興味あるフレーズばかりを練習するわけにもいきません。

やはり、英会話学校かオンライン英会話を使いことが一番効果的でしょう。

オンライン英会話

オンライン英会話の魅力はなんといっても安さです。

また特定の教育プログラムよりもむしろ会話重視のところが多く、授業の進め方は、こちらの希望をかなり聞いてくれます。

先生にもよりますが、「今日はこのフレーズを練習して定着させたい」と希望を伝えれば、いろいろなバリエーションで定着練習をしてくれることでしょう。

おススメのオンライン英会話スクールを二つ紹介します。

個人的には、ビジネス英語を意識しているせいか、先生がしっかりしている印象を受ける Bizmates が好きですが、友達みたいな先生がいい方はレアジョブがいいかもしれません。

どちらも無料体験レッスンが付いていますので、まずは気軽に試してみては如何でしょうか?

英会話学校

オンライン英会話は面倒、あるいは、Face to Faceでないと会話が盛り上がらないという方は、英会話学校がいいでしょう。

しかし、グループレッスンでは自分の好きなフレーズ練習はできませんので、個人レッスンとする必要があります。

また、授業のプログラムやテキストがしっかり決まっているところより、生徒のニーズに合わせて自由度が高いカリキュラムを組んでくれる学校が、適しています。

その観点からは、お気に入りフレーズ定着練習には、GABAが圧倒的におススメです。

個人レッスン特化、目的に合わせた自由度の高いレッスン、授業時間の設定・変更も柔軟です。

こちらも無料体験レッスンが付いています。是非、お気軽に試してみては如何でしょうか?


ブログ更新をメールで受信

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。