アニメで英語!

アニメで英語!:鬼滅の刃の呼吸法と技を英語で説明できますか?

鬼滅の刃の人気を支える大きな魅力の一つに、肉体的に人間に勝る鬼と対等に対峙するために、鬼殺隊の剣士が駆使する「呼吸法」と「攻撃の技」にあることは間違いありません。

「水の呼吸、壱の型、水面切り!」とか「ヒノカミ神楽、円舞!」など炭二郎のように叫びながら技を繰り出す。ファンであれば、一度はやったことがあるでしょう。

では、この呼吸法と技、英語でどう言うか分かりますか?

ここでは、FANDOMで、それぞれの呼吸法と技が英語でどう説明されているか、ご紹介します。

FANDOMについては、本記事最後尾の関連記事を併せてご覧ください。

呼吸法とは

Breathing Styles (呼吸法) are swordsmanship forms practiced and taught by the Demon Slayer Corps.
呼吸法とは、鬼殺隊により鍛練され伝承された剣術の型のことだ。
The Breathing Styles make use of specific and concentrated breath patterns, which increase the user’s lung capacity and amount of oxygen in the blood.
呼吸法は、特定の集中した呼吸のパターンを使う。それにより、使用者の肺活量と血液中の酸素量を増加する。
This increase of oxygen allows the user to enhance their physical abilities and mental concentration, allowing them to fight on par with Demons, whose physical prowess surpasses that of the average human.
この酸素の増加は、使用者の身体能力と集中力を強化し、身体能力が平均的人間を上回る鬼と互角に戦えるようにする。
Focused Breathing is also capable of clotting wounds from severe injuries and slowing down the circulation of poison in the bloodstream.
集中的な呼吸は、ひどい怪我による傷を固め、血流中の毒の回りを遅くする。
All known Breathing Styles currently taught within the Demon Slayer Corps are derived from the Sun Breathing, the first one ever created.
現在、鬼殺隊により伝授されている全ての呼吸法は、最初に作られた呼吸法である日の呼吸から派生したものだ。

この英語説明は海外ファンが書いたものですが、さすがファンサイト、よく纏まっています。侮れませんね。

「呼吸法」説明のポイントは、

The Breathing Styles increase the amount of oxygen in the blood to enhance the physical abilities and mental concentration.
呼吸法は、血液中の酸素の量を増やし、身体能力と精神集中を高める。

ということです。

全集中の呼吸

Total Concentration Breathing (ぜんしゅうちゅうの呼きゅう), an advanced application of Breathing, is a state where a Breathing Style user inhales the maximum amount of oxygen within a specific breath pattern to raise their physical and mental prowess to their utmost limits.
全集中の呼吸とは、呼吸の応用で、肉体的、精神的な力を極限まで高めるため、それぞれの呼吸法に応じて、酸素を最大限吸い込むことをいう。
It is often used by Demon Slayers for a brief moment to temporarily boost their combat capabilities to prepare a decisive attack.
全集中の呼吸は、鬼殺隊剣士が必殺技を出す際、一時的に戦闘能力を高めるために使用される。

Total Concentration: Constant (ぜんしゅうちゅう・常じょうちゅう) is a Total Concentration Breathing state during the morning, noon, and night, and even while asleep that Advanced Demon Slayers, such as Hashira, can constantly maintain.
全集中・常中とは、全集中の呼吸の状態を朝、昼、晩、そして寝ている間さえも、常に維持することで、柱のような上級剣士が可能だ。
There is an immense difference in strength, speed, and stamina between someone who can maintain Total Concentration Breathing at all times and someone who cannot.
全集中の呼吸を常に維持できる者とできない者の間には、力、速さ、スタミナにおいて大きな差がある。
Learning to maintain a constant state of Total Concentration Breathing requires tremendous effort, though, the skill itself is noted to be quite elementary despite the required effort.
全集中の呼吸自体は基本的な技術でそれほど難しくはないが、全集中・常中を身につけるには、とてつもない努力を要する。
The training process involves blowing into a special type of super durable gourd.
訓練は、特注の非常に硬いヒョウタンに息を吹き込むなどをして行う。
The objective is to blow into the gourd with enough strength to make the gourd break apart.
強い力を込めて息を吹き込み、ヒョウタンを破裂させことが目的だ。
As training progresses, the gourd is replaced by larger and larger variations of the same type of gourd. The largest known gourd is about the size of a chair.
訓練が進むにつれ、ヒョウタンは、同じ形だが、より大きなものにだんだんと替えられていく。知られている限り最も大きなヒョウタンは椅子の大きさ程度ある。

「全集中」や「常中」は、日本語としても特殊な言い回しなので、どう訳しているのだろうと思いましたが、さすが、自然な言い回しでかつ内容も正確に説明していますね。

「全集中」の説明のポイントは、

Total Concentration Breathing is a state where a Breathing Style user inhales the maximum amount of oxygen to raise their physical and mental prowess to their upmost limits.
全集中の呼吸は、酸素を最大限吸い込み、肉体と精神の能力を極限まで高めることをいう。

Total Concentration: Constant is maintaining a constant state of Total Concentration Breathing during the morning, noon, night, and even while asleep.
全集中の呼吸・常中とは、全集中の呼吸の状態を朝も、昼も、夜も、そして寝ている間さえも、常に維持することをいう。

です。

日の呼吸

日の呼吸とは、全ての呼吸法の原点です。
他の呼吸法は全て日の呼吸から派生したものです。

日の呼吸は継国縁壱により開発されましたが、弟子は誰も習得することができず、唯一、竈門家によりヒノカミ神楽として、耳飾りとともに継承されます。

FANDOMで日の呼吸(Sun Breathing)自体の説明は見つかりませんでしたが、日の呼吸として、その継承形であるヒノカミ神楽が説明されています。

ヒノカミ神楽

The Hinokami Kagura (ヒノカミ神楽かぐら、Dance of the Fire God) is a Breathing Style only known and taught by the Kamado Family.
ヒノカミ神楽は、竈門家のみに伝えられる呼吸法だ。
It is passed on from father to son in every generation alongside the hanafuda earrings.
親から子へいつの世代も花札の耳飾りと共に受け継がれている。
The Kamado family uses the breathing style within a ritual ceremony practiced every new year, where the Breathing Style user offers the Fire God a dance from sunset to sunrise to ward off diseases. 
竈門家では、呼吸法を新年の儀式の中で使用する。そこで呼吸法の使い手は、日の入りから日の出までの間、厄払いのため、火の神に舞を奉納する。
The dance is composed of twelve segments repeated throughout the night. 
その舞は、12の部分からなり、夜中繰り返される。
The last user is Tanjiro Kamado, who learned the breathing style from his father, Tanjuro Kamado.
最後の使い手は竈門炭治郎だ。角治郎は、呼吸法を父親である竈門炭十郎から学んだ。

ヒノカミ神楽の説明のポイントは、

Hinokami Kagura, or Dance of the Fire God, is a Breathing Style only known by the Kamado Family, which is used within a ritual ceremony to offer the Fire God a dance from sunset to sunrise.
ヒノカミ神楽は、竈門家のみに伝えられる呼吸法で、儀式の中で火の神に日の入りから日の出まで舞を奉納するために使われる。

です。

ヒノカミ神楽の技

Dance (えん)
A single high-powered vertical slash.
一振りの強力な縦の斬撃。

Clear Blue Sky (へきの天てん)
The user spins their body vertically to create a 360-degree slash. It is likely the model to the Water Breathing: Second Form – “Water Wheel.”
体を縦に回転させ、360度の斬撃を繰り出す。水の呼吸:弍の型 水車のモデルと思われる。

Raging Sun (れつじつこうきょう)
The user unleashes two horizontal slashes to hit or intercept an enemy from the front or side.
二つの水平の斬撃を解き放ち、前面または側面の敵を迎撃する。

Fake Rainbow (げんにちこう)
The user utilizes this technique to evade incoming attacks with high-speed twists and rotations, thus creating afterimages. The afterimages work most effectively on enemies with good vision as they will probably fail attack the afterimage instead of the actual body of the user.
高速のねじれと回転で残像を作り、敵から繰り出される攻撃を避ける技。残像は、目の良い敵に最も有効で、敵は実体ではなく残像を攻撃して失敗することになる。

Fire Wheel (しゃ)
The user leaps behind the opponent and spins in the air while releasing a flaming attack in a circular motion.
敵の背後で跳躍し、空中で回転しながら、炎の攻撃を繰り出す。

Burning Bones, Summer Sun (しゃっこつえんよう)
A circular slash that defends from imminent frontal attacks.
目前に迫る正面からの攻撃から身を守るための円形の斬撃。

Sunflower Thrust (ようとつ)
A single thrust attack with the point of the blade.
剣先を突き出す一撃。

Solar Heat Haze (りんかげろう)
The user charges towards the target, attacking it with a haze covered slash that seemingly fails to land, but actually does hit the target.
霞にカバーされた斬撃で、失敗して地を打つように思えるが、実は敵を打つ攻撃。

Setting Sun Transformation (しゃようてんしん)
The user flips into the air to deliver an upended flaming sword slash.
宙返りをし、逆さまの状態で炎に燃える剣で斬撃を与える。

Beneficent Radiance (おんこう)
The user spirals into the air to deliver a powerful slash to those caught in it.
螺旋状に宙を舞い、その中に取り込んだ相手に強力な斬撃を繰り出す。

Dragon Sun Halo Head Dance (にちうんの龍りゅう  頭かぶり)
Resembling a dragon, the user moves in circles to avoid enemy attacks and slashes then multiple times at the target.
龍のように、敵の攻撃を避けるため円形の動きをしつつ、敵に何回も斬撃を与える。
This technique was first utilized by Tanjiro in conjunction with Nezuko’s Blood Demon Art Blood Burst to enhance the effectiveness. この技が炭治郎により最初に使われたのは、禰豆子の血鬼術である爆血により有効性が強化された際だ。 

基本五流派

日の呼吸から直接派生した五つの基本的な呼吸法のことで、水の呼吸、雷の呼吸、炎の呼吸、岩の呼吸、風の呼吸、のことを指します。

水の呼吸

水の呼吸は、主人公、竈門炭治郎が、育手である鱗滝左近次から習得した呼吸法です。炭治郎を鱗滝に紹介した冨岡義勇は水の呼吸の使い手で水柱です。

Water Breathing is one of the five main Breathing Style directly derived from the Sun Breathing.
水の呼吸は、日の呼吸から直接派生した基本五流派の一つだ。 
The Breathing Style was originally created by one of Yoriichi Tsugikuni’s students who attempted to learn the Sun Breathing, but, due to not being as innately talented as Yoriichi, they were instead taught and trained an alternative personalized breathing style that focused on their strengths and weaknesses, eventually becoming the Water Breathing.
水の呼吸は、もともと継国縁壱の弟子の一人が日の呼吸を学ぼうとしたが、生まれつき才能のある縁壱とは異なりできなかったため、それぞれの強み弱みに焦点を当て個人の特性にあった呼吸法を作り出したことに始まる。
It is said to be the most common Breathing Style among Demon Slayers due to being the easiest to learn for beginners.
水の呼吸は、初心者にとり学びやすいため、鬼殺剣士の中で最も一般的な呼吸法と言われる。
The primary Cultivator for the Demon Slayer Corps is Sakonji Urokodaki. though there are other Cultivators as well. 
鬼殺隊での主な使い手は鱗瀧左近次だが、他にも使い手はいる。
The Eleventh Form is an original technique created by Giyu Tomioka.
拾壱の型は冨岡義勇により作られた技だ。

水の呼吸の技

First Form: Water Surface Slash (壱ノ型水面斬り)
The swordsman generates enough momentum to create a powerful single concentrated slash.
勢いを込めて放たれる強力な集中した一撃。

Second Form: Water Wheel (弍ノ型水車)
The swordsman leaps and vertically spins forward in the air while releasing a flowing attack in a circular motion.
跳躍し、空中で縦回転をしつつ、円形で流れるような攻撃を繰り出す。

Third Form: Flowing Dance (参ノ型流流舞い) 
The swordsman swings his blade at his opponent in a way that mimics the movement of waves on the surface of water.
水面の波を真似た動きで、敵に向け剣を振る。

Fourth Form: Striking Tide (肆ノ型 打ち潮)
The swordsman makes multiple consecutive slashes while twisting their body in a flowing fashion similar to a harsh tide.
厳しい潮に似た流れる動きで体を捻りながら、連続で斬撃を繰り出す。

Fifth Form: Blessed Rain After the Drought(伍ノ型干天の慈)
A “sword strike of kindness” that kills the target with little to no pain. Used when the enemy surrenders.
ほとんど痛みを感じさせず相手を殺害する「慈しみの剣撃」。敵が降伏した際に使用される。

Sixth Form: Whirlpool (陸ノ型 ねじれ渦
The swordsman fiercely twists his upper and lower body, creating a whirlpool that cuts anything caught in it. It can be used in a place without footing, and if used underwater can generate a large whirlpool that draws in anything nearby in addition to cutting them up like a large blade.
上半身と下半身を激しく捻り、全てを切り裂く渦を作る。この技は足場のない場所で使われる。もし水中で使用されると、大きな渦を作りだし、近くの全てを引き込みながら、大きな刃のように切り裂く。

Seventh Form: Piercing Rain Drop (漆ノ型 雫波紋突き)
A fast and accurate stab. The fastest Breath of Water technique.
速く正確な突き。水の呼吸のうち最速。

Eighth Form: Waterfall Basin (捌ノ型 滝壷)
The swordsman cuts the target vertically.
縦の斬撃。

Ninth Form: Splashing Water Flow (玖ノ型 水流飛沫)
Minimizes the landing time and surface needed when landing, allowing the user to move without limits. Ideal when fighting in a place with no solid foothold.
着地の時間を最短に、着地面積を最小にし、制限なく動けるようにする。足場が不安定な場所での闘いに最適。

Tenth Form: Constant Flux (拾ノ型 生生流転)
A continuous attack that increases in power with each rotation, creating a strong slash.
回転の都度力を増す連続した斬撃。

Eleventh Form: Dead Calm (拾壱ノ型 凪)
Created by the current Water Hashira, Giyu Tomioka.
現在の水柱、冨岡義勇が開発。
The swordsman ceases any body movements and enters a state of complete defence, deflecting and blocking any incoming attacks with imperceptible speed.
身体の動きを止め、完全な防御に入る。感知できない速さで敵の攻撃をすべて避けたり防御したりする
However, its effectiveness is limited as fast and numerous attacks can break through.
しかし、その有効性は、素早く手数の多い攻撃相手に限られる。

雷の呼吸

雷の呼吸は、竈門炭治郎の鬼殺隊同期生である我妻善逸の使う呼吸法です。

Thunder Breathing is one of the five main Breathing Styles directly derived from the Sun Breathing.
雷の呼吸は基本後流派の一つで、日の呼吸から直接派生したものだ。
It was created from one of Yoriichi Tsugukuni’s students who attempted to learn the Sun Breathing, but due to not being as innately powerful as Yoriichi, they were instead taught an alternated breathing style that focused on their individual strengths and weaknesses, which eventually evolved into the Thunder Breathing.
雷の呼吸は、継国縁壱の弟子の一人が日の呼吸を学ぼうとしたが、生まれつき才能のある縁壱とは異なりできなかったため、それぞれの強み弱みに焦点を当て個人の特性にあった呼吸法に変える中で、最終的に雷の呼吸として進化したものだ。
It focuses on channeling strength into the user’s legs. The primary cultivator for the Demon Slayer Corps was Jigoro Kuwajima.
雷の呼吸は、使用者の足に力を流し込む。鬼殺隊の主な使い手は、桑島慈悟郎だ。

雷の呼吸の技

First Form: Thunderclap and Flash (いちノ型かた 霹へきれきいっせん)
The user dashes forward and slashes at their opponent with incredible speed. Zenitsu has honed this ability to the extent of being able to repeat the dash multiple times in quick succession.
信じられない速さで敵に突撃し斬撃を打ち出す。善逸は、この能力に磨きをかけ、素早い連続した複数回の突撃を繰り返すことができる。

Second Form: Rice Spirit (ノ型かた 稲いなだま)
The swordsman is able to generate five straight attacks around the user in a single moment.
一つの動きの中で5回の直撃を生み出す。

Third Form: Thunder Swarm (さんノ型かた 聚しゅうぶんせいらい)
Generates a spinning wave of lightning in all directions.
全ての方向に光の波の回転を生み出す。

Fourth Form: Distant Thunder (ノ型かた 遠えんらい)
The user releases multiple ranged strikes towards a target.
敵に向け幾つもの連続した攻撃を打ち出す。

Fifth Form: Heat Lightning (ノ型かた 熱ねつかいらい)
A single, focused, slashing attack.
集中した鮮やかな一撃。

Sixth Form: Rumble and Flash (ろくノ型かた 電でんごうらいごう)
A series of strong ranged attacks released around the user.
使用者の周りに繰り出される強い連続した攻撃。

Seventh Form: Honoikazuchi no Kami  (しちノ型かた 火ほのいかづちのかみ)
A form developed by Zenitsu.
善逸が開発した型。
The user conjures the image of a dragon-like creature of lightning while attacking at blinding speeds.
目が眩むような速さで攻撃する間に、光の龍のような生物の残像を生み出す。

炎の呼吸

炎の呼吸は、炎柱であり、映画「無限列車編」の主要登場人物である煉獄杏寿郎の使用する呼吸法です。

Flame Breathing is one of the five main Breathing Styles directly derived from Sun Breathing.
炎の呼吸は、日の呼吸から直接派生した基本五流派の一つだ。
The Breathing Style of the Flame Breathing seemed to have been developed by a distant ancestor of the Rengoku Family, who was originally a student of Yoriichi Tsugikuni.
炎の呼吸の呼吸法は、元々継国縁壱の弟子であった煉獄家の遠い祖先により開発された。
It can be assumed that this student attempted to master the Sun Breathing but, due to him not being as innately powerful as Yoriichi, his teacher altered his Breathing Style training in order to better focus on his students individual strengths and weaknesses.
この弟子は、日の呼吸を習得しようとしたが、生来の力が縁壱ほど強くなかったため、弟子固有の強みと弱みにより焦点をあて、呼吸法の訓練を自分にあった形に調整した。
Eventually, his student continued to develop and train this style until it became its own unique breathing and was subsequently named the Flame Breathing.
この弟子は、そうした形で呼吸法の訓練を続け、最終的に、自分自身の独自の呼吸法を開発し、炎の呼吸法と名付けた。
Since then, this particular Breathing Style has been passed down and taught through generations of his descendants and the future members of the Demon Slayer Corps.
その時から、この独自の呼吸法は、何代にも渡り自身の子孫、そして未来の鬼殺隊員に伝えられてきた。

炎の呼吸の技


First Form: Unknowing Fire
 (いちノ型かた 不知火しらぬい)
The swordsman charges towards his opponent at high speed and decapitates them in one or multiple slashes.
高速で敵に突撃し、一撃あるいは複数の斬撃で鬼の首を取る。

Second Form: Rising Scorching Sun (ノ型かた 昇のぼり炎えんてん)
The swordsman uses an upwards moving slash attack.
上方に向けて打たれる斬撃。

Fourth Form: Blooming Flame Undulation (ノ型かた 盛せいえんのうねり)
The swordsman spins his sword in a circular motion, deflecting his enemies attacks.
敵の攻撃をそらしながら、円形の動きで剣を回転させる。

Fifth Form: Flame Tiger (ノ型かた 炎えん)
A series on sword slashes that take on the form of a tiger.
虎の形をした連続した剣撃。

Ninth Form: Rengoku (ノ型かた 煉れんごく)
A devastating dashing slash initiated from a high stance.
上段の構えから打ち出される破壊力のある強力な斬撃。
The technique carves a deep impression in the ground.  
この技は、地面に深い斬撃の跡を残す。

岩の呼吸

岩の呼吸は、僧侶を彷彿させる盲目の大男で岩柱である悲鳴嶼行冥の使用する呼吸法です。

Stone Breathing is one of the five main Breathing Styles derived from the Sun Breathing.
岩の呼吸は、日の呼吸から派生した基本五流派のひとつ。
The Breathing Style was originally created by one of Yoriichi Tsugikuni’s students who attempted to learn the Sun Breathing, but, due them to not being as innately powerful as Yoriichi, could not master it and was instead taught an alternative personalized breathing style by their teacher that focused specifically on their strengths and weaknesses, eventually branching out completely and becoming the Stone Breathing.
この呼吸法は、元々継国縁壱の弟子の一人により作られた。弟子は、日の呼吸を習得しようとしたが、生来の力が縁壱ほど強くなかったため、弟子固有の強みと弱みにより焦点をあて、呼吸法の訓練を自分にあった形に調整した。そして最終的に完全に枝分かれし岩の呼吸となった。

風の呼吸

風の呼吸は、炭治郎と鬼殺隊同期である不死川玄弥の兄で、白髪で体中に傷痕ある風柱、不死川実弥の使用する呼吸法です。

Wind Breathing is one of the five Breathing Styles derived directly from the Sun Breathing.
風の呼吸は、日の呼吸から直接派生した基本五流派のひとつ。
The Breathing Style was originally developed & taught by Yoriichi Tsugikuni to an unknown student, who could not master the Sun Breathing and was instead trained in a specific alternative breathing style to better suit his student’s specific strengths and weaknesses eventually becoming an independent breathing all together. The same is applicable for the other main Branch Breathing Styles.
この呼吸法は、元々継国縁壱の弟子の一人により作られた。弟子は、日の呼吸を習得しようとしたが、生来の力が縁壱ほど強くなかったため、弟子固有の強みと弱みにより焦点をあて、呼吸法の訓練を自分にあった形に調整した。そして最終的に、他の基本流派同様、日の呼吸とは異なる独立した呼吸法となった。
The Beast Breathing, despite being independently developed by Inosuke Hashibira, is a derivative of the Wind Breathing, so it can be assumed that both styles use an enhanced sense of touch in their techniques.
獣の呼吸法は、嘴平伊之助が我流であみだした呼吸法であるが、この風の呼吸の派生形である。したがって、両呼吸法はどちらも強化された触覚を使用すると思われる。
The Mist Breathing is also noted to have been originally a derivative of the Wind Breathing.
霞の呼吸もまた、風の呼吸の派生形として知られる。

水の呼吸の派生

水の呼吸から派生した呼吸法には、蛇の呼吸と花の呼吸、そして花の呼吸からさらに派生した呼吸法として、蟲の呼吸、があります。

蛇の呼吸

蛇の呼吸は、オッドアイで口元を包帯で隠した蛇柱である伊黒小芭内により使用される呼吸法です。

Serpent Breathing (へびの呼きゅう) is a Breathing Style derived from the Water Breathing.
蛇の呼吸は、水の呼吸の派生形だ。
It focuses on twisting and bending the sword like how a serpent slithers.
蛇が滑るように、剣をくねるように曲げて使う。
The attacks are not direct and constantly meander which can ultimately strike anywhere.
この攻撃は、直線的ではなく常に曲がりくねって出され、最終的にどこでも攻撃することができる。

花の呼吸

炭治郎と鬼殺隊同期で、蟲柱である胡蝶しのぶの継子である栗花落カナヲの使う呼吸法。胡蝶しのぶの亡くなった姉で元花柱の胡蝶カナエも花の呼吸の使い手。

Flower Breathing (はなの呼きゅう) is a Breathing Style derived from the Water Breathing, used by the former Flower Hashira Kanae Kocho and her adoptive sister, Kanae Tsuyuri.
花の呼吸は、水の呼吸から派生したもので、元花柱である胡蝶カナエと、彼女が救い義理の妹として育てた栗花落カナヲにより使われる。

蟲の呼吸

蟲の呼吸は、薬学に精通した蟲柱である胡蝶しのぶが使う呼吸法です。

Insect Breathing (むしの呼きゅう) is a Breathing Style branched out from the Flower Breathing, which itself is branched out of the Water Breathing.
蟲の呼吸は、水の呼吸の派生形である花の呼吸から派生した呼吸法。
This style is the personal creation of Shinobu Kocho, who designed it to compensate for her lack of physical strength to cut off a Demon’s head.
この呼吸法は、鬼の首を切り落とすだけの身体能力が欠如している点を補うため、胡蝶しのぶが個人的に開発したものだ。
The sword style’s main focus is stabbing, thrusting, and making shallow cuts with a specially coated/made sword to inflict multiple wounds onto the intended target in order to inject various lethal Wisteria-based poisons into the intended target.
剣技は、主に、攻撃対象に藤の花を基にした様々な毒を注入するため、特別に毒を塗布した剣を敵に突き刺し、浅い切り傷をつけることに注力する。

雷の呼吸の派生

音の呼吸

音の呼吸は、音柱で、吉原・遊郭で炭治郎達と一緒に十二鬼月と戦う宇髄天元の使う呼吸法です。

Sound Breathing (おとの呼きゅう) is a Breathing Style unique only to the Sound Hashira, Tengen Uzui.
音の呼吸は、音柱である宇髄天元だけの呼吸法だ。
The Sound Breathing is branched out from the Thunder Breathing.
音の呼吸は、雷の呼吸から派生したものだ。
This Breathing involves using a battle strategy called a “Score”, which involves Uzui reading his opponents movements and deconstructing them into sound by analyzing the rhythm of their movements.
雷の呼吸は、「譜面」と呼ばれる戦略を用いる。その中で、宇髄は、敵の攻撃動作の律動を読み、その律動を分析し音に変換する。
Through this, he is able to take advantage of their openings to much greater effect by striking in a way similar to making the beat to a song.
この戦略を通じ、宇髄は、リズムを打つのと似た方法で攻撃することにより、戦いの序盤をより有利にすることができる。
In conjunction with this, he uses small but powerful anti-demon bombs made with a special gunpowder that are capable of overpowering an Upper Rank Demon briefly.
それと併せて、特別な硝石で作られた小さいが強力な対鬼用の火薬玉を使用し、上弦の鬼を短時間圧倒することができる。

炎の呼吸の派生

恋の呼吸

恋の呼吸は、炎柱である煉獄の元継子で、恋柱である甘露寺蜜璃の使う呼吸法です。

Love Breathing (こいの呼きゅ) is a personal Breathing Style created by the Love Hashira, Mitsuri Kanroji.
恋の呼吸は、恋柱、甘露寺蜜璃により個人的に開発された呼吸法だ。
The Love Breathing itself is originally branched out from the Flame Breathing.
恋の呼吸自体は、元々炎の呼吸から枝分かれしたものだ。
The forms and techniques that are used in this Breathing Style can only be successfully performed by Mitsuri due the unique constitution of her body that renders her incredibly flexible and agile, but still possessing inhuman strength due to her muscles being eight times denser than a normal human’s, allowing her to deliver fast and powerful blows and move unhindered due to her body not being physically bulky.
恋の呼吸で使われる型と技を使いこなせるのは蜜璃のみだ。蜜璃は、信じられないほど柔軟で機敏な身体特性と、普通の人間の8倍の筋肉密度により人間離れした怪力を併せ持ち、それが迅速で強力な打撃と小さな体による制限のない動きを可能にしている。

風の呼吸の派生

霞の呼吸

霞の呼吸は、最年少の柱で、日の呼吸の剣士の子孫と噂される霞柱、時透無一郎の使う呼吸法です。

Mist Breathing (かすみの呼きゅう) is a Breathing Style derived from the Wind Breathing used only by the Mist Hashira, Michiro Tokito.
霞の呼吸は、風の呼吸から派生した呼吸法で、霞柱である時透無一郎によってのみ使用される。

獣の呼吸

獣の呼吸は、炭治郎と鬼殺隊同期で、猪に育てられ、猪の被り物をしている嘴平伊之助の使う呼吸法です。

Beast Breathing (ケダモノの呼きゅう) is a Breathing Style personally created and self-taught by Inosuke Hashibira after living in the mountains and fighting for survival.
獣の呼吸は、嘴平伊之助が山の中で育ち、生き残るために戦う中で、独自に開発した我流の呼吸法だ。
It is said to be distantly derived from the Wind Breathing.
風の呼吸からの遠い派生だと言われている。
The style enhances a user’s sense of touch, while being able to utilize several different techniques.
獣の呼吸は、使用者の触感を強化し、いくつかの異なる技術の利用を可能にする。

獣の呼吸の技

First Fang: Pierce (いちノ牙きば 穿うがち抜)
Inosuke stabs the target’s neck with both blades.
伊之助は、両方の刃で敵の首を突き刺す。

Second Fang: Rip and Tear (ノ牙きば 切り裂)
A double slash with his two blades in both diagonals (like X).
両方の刃をX字のように対角線に組んだ二重の斬撃。

Third Fang: Devour (さんノ牙きば 喰い裂)
Simultaneous horizontal slashes towards the target’s throat.
敵の喉に向かって同時に放たれる水平方向性の斬撃。

Fourth Fang: Slice ‘n’ Dice (ノ牙きば 切きりこま)
A multiple diagonal double slashes with both swords.
両方の刃による複数の対角線形の二重の斬撃。

Fifth Fang: Crazy Cutting (ノ牙きば: 狂くるい裂)
The ‘Mad Cleave’ is a technique which slices everything in all directions.
「狂い裂き」全てのものを全ての方向に切り裂く技。

Sixth Fang: Palisade Bite (ろくノ牙きば 乱らんぐい)
A simultaneous decapitation with his two swords from both directions.
二つの刀で両方向から同時に首を切り落とす技。

Seventh Form: Spatial Awareness (しちノ型かた 空くうかんしきかく)
Inosuke can identify the position of enemies by feeling small disturbances in the air.
伊之助は、空気の小さな乱れを感じとり敵の位置を認識することができる。
This technique was so strong that Inosuke could sense all the demons spread out through a whole mountain.
この技術はとても強く、伊之助は、山中に広がった全ての鬼を感じ取ることができる。

Eighth Fang: Explosive Rush (はちノ牙きば 爆ばくれつもうしん)
Inosuke charges towards his opponent while dual wielding, then he swings his blades to decapitate them.
伊之助は、二つの剣を振りかざしながら敵に突進し、二つの刃を振り抜き敵の首を取る。

Ninth Fang: Extending Bendy Slash (ノ牙きば 伸しん・うねり裂)
Inosuke dislocates the joints of his arm to increase the range of his attack.
伊之助は、腕の関節を外し、攻撃の範囲を拡大する。

Tenth Fang: Whirling Fangs (ノ牙きば 円えんてんせん)
Inosuke spins his swords in a circular motion.
伊之助は、円形に剣を回転させる。

Sudden Throwing Strike (おもいつきの 投げ裂)
Inosuke throws both of his blades at an enemy.
伊之助は、敵に向け、両方の刃を投げ付ける。

まとめ

今回は、鬼殺隊メンバーが使う呼吸法と主な技が、FANDOM内で、英語でどう説明されているかを紹介しました。

FANDOMでは、呼吸法や技の名前だけでなく、呼吸法の由来や特徴、技の内容まで英語で説明されています。

漫画やアニメ本編の英語版もいいですが、こうしたWIKI情報もファンには興味深いものではないかと思います。

FANDOM活用法については、関連記事でも紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

鬼滅の刃関連記事リンク

鬼滅の刃関連記事へのリンクはこちらです↓

https://english-showering.com/category/anime/kimetsu-no-yaiba

関連記事

ブログ更新をメールで受信

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

RELATED POST