エンタメ(ジャンル)

ニュースで英語!:ゆりあん大ウケ@Amerca’s Got Talent

America’s Got Talent (AGT) は素人、セミプロの様々なパフォーマーのオーディション形式による米国のスター発掘番組で、英国の同様の番組、Britain’s Got Taalent (BGT) のフランチャイスです。

どちらも製作には審査員にも入っていて酷評で有名な 英国の音楽プロデューサーSimon Cowell(サイモン・コーウェル)が関わっています。

似た形式の番組で、パフォーマーではなく、ミュージシャンを発掘するオーディション番組のThe X Factor も英国版、米国版の両方があり、どちらもやはりSimon Cowell が審査員として参加しています。

その人気番組、America’s Got Talent に ゆりあんレトリィバァが出場し、観客から大きな支持を得ました!

得意の英語で、Simon Cowell をはじめとする審査員とも、テンポのよいやりとりを見せています。

どんな会話をしたのか、和訳してみました。

ゆりあん登場シーン(和訳)

<パフォーマンス前>
(Howie) Good evening, What’s you name? こんばんは。お名前は?
(Yurian) My name is Yuriyan Retriever, and I’m from Japan. ゆりあんレトリィバァです。日本から来ました。
(Howie) Oh, wow. So, you flew in to be on “America’s Got Talent”.Okay, and what do you do for a living? へえ。AGTに出るために飛んで来たんだ。日本では何をしてるの?
(Yurian) A performer and a dancer. パフォーマー(芸人)でダンサーです。
(Howie) Dancer, that’s how you make your living in Japan? ダンサー?日本でダンサーで生活してるんだ。
(Yurian) A little bit. ちょっとだけ。
(Julianne) A life of a dancer. ダンサーの生活ね。
(Simon) Can I ask a question? ひとつ質問していいかな?
(Yurian) Yeah. ええ。
(Simon) Is this your stage name? これは君のステージネーム(芸名)かい?
(Yurian) Yes, Yuriyan Retriever is my stage name. ええ。ゆりあんレトリィバァは私のステージネームです。
(Simon) How did you come up with that name? どうしてこの名前にしたの?
(Yurian) Well, I have a pet. Do you know retriever? えーと、私はペットを飼っています。レトリィバァって知ってますか?
(Simon) Of course. もちろん。
(Yurian) And Golder retriever? ゴールデン・レトリィバァも?
(Simon) Yes. 知ってるよ。
(Yurian) I have a cat. 私は猫を飼っています。
(Simon) So, what does that have to do with retriever if you have a cat? えーと、レトリィバァとどういう関係があるの?猫を飼ってるんだったら。
(Yurian) His name is retriever. 猫の名前がレトリィバァなんです。
(Everyone) Oh. おー。
(Howie) And, whom that we know would you compare yourself to? 私たちが知っている人でいうと、自分は誰に似てる?(誰と自分を比較する?)
(Yurian) I only respect three people in the woorld. My mom, my dad,,, 私が尊敬する人は世界で三人だけです。母と父と、
(Simon) And? そして?
(Yurian) Julian. ジュリアン(審査員のひとりでダンサー)。
—buz by Simon— ブー(サイモンがブザー)
(Yurian) I’m so sorry. ごめんなさい。
(Terry) Simon wanted all, men. サイモンって言って欲しかったんだ。
(Julianne) I like your style. I like your taste. あなたのスタイル、あなたの雰囲気好きよ。
(Simon) That was a mistake. Good luck. そいつは間違いだ。グッドラック。
(Yurian) Thank you, thank you, thank you very much. ありがとう。ありがとう。
(Julianne) On look at the little whack. あれ見て。
(Simon) Oh my gosh. なんてこった。
(Terry) Ok, here it is. さあ、これからだ。

<パフォーマンス後>
(Simon) What the bloody hell was that? 一体何なんだこれは。
(Yurian) Thank you very much. ありがとう。ありがとう。
(Howie) Julian, you gave her a buzzer when every move you just watched was inspired by you. ジュリアン、君はブザーを押したね。君がみた全ての動きは君に刺激を受けているっていうのに。
(Simon) Exactly. たしかに。
(Julianne) I am responsible. 責任あるわね。
(Simon) Is this your gift to the world. 君の影響は世界的だから。
(Yurian) Julianne, I wanna be like you, but you buzz me, buz me. ジュリアン。私はあなたみたいになりたいの。でも、あなた、ブザー押したわね、ブザーを。
(Julianne) I did learn the choreography quite quickly. so I would have liked to see a little bit more, but a little bit less. 私は振り付けをちょっと習ったの。だから、もうちょっと見たいような、でも見たくないような。
(Simon) I think it’s safe to say that we could all have done that. 思うんだけど、みんなそれやったっていうのがいいんじゃないかな。
(Yurian) No. だめよ。
(Simon) I can do it. I did. 出来るぞ。やった。
(Howie) Simon, okay, and you guys have the same hair, too. サイモン、君たちは髪型が一緒じゃないか。
(Simon) Thanks, Howie. ありがとう。ハウィ。
(Yurian) Simon, please. You are so cute. サイモン。とってもキュートよ。
(Simon) It’s too late to sack up. もう遅いよ。大胆になるには。
(Yurian) Please, Simon. お願い、サイモン。
(Simon) Let’s be friends. 友達でいよう。
(Yurian) Friends, Ok. Sheraton Hotel 312. 友達、そうね。シェラトンホテル312号室よ。
(Simon) Ok, ok, Gabriella, please. わかった、わかった。ガブリエラ、君は?
(Gabriella) I want to know where your double-sided tape is, because it was hang-on, girl. 私は、両面テープがどこに付いているのか知りたいわ。だって、ピッタリくっついているんだもの。
(Howie) Let’s vote. I’m gonna start. I love you. Yes. さあ、投票しよう。僕からいくよ。僕は好きだな。イエスだ。
(Yurian) Wow, thank you very much. すごい、ありがとう。
(Simon) Gabriella? ガブリエラは?
(Gabriella) Retriever, I am sorry. It’s a no. レトリィバァ、ごめんなさい。ノーよ。
(Yurian) Why? I don’t know why. なぜ、なぜなの?
(Gabriella) Ma’am, お嬢さん(ジュリアンの意味)
(Howie) Julianne ジュリアンだよ。
(Julianne) Yes, I… はい(Yes)、私ね、、
(Howie) Yes, she said Yes. イエスだ。彼女はイエスといったぞ。
(Julianne) No, no, no, no. 違う、違う、違うわよ。
(Yurian) Thank you, thank you very much. ありがとう。ありがとう。
(Howie) She’ve already got two. これでイエス2つだ。
(Simon) Yes me. I tell you what I am prepared to do. I am prepared to pay Julian to give you dancing lessons, さあ僕だ。僕はあることをしよう。ジュリアンが君にダンスレッスンをする費用を支払うよ。
(Julianne) I would love to do that. 喜んでレッスンするわ。
(Yurian) Really? 本当?
(Simon) But it’s no for answer, good-by. でも、答えはノーだ。さようなら。
(Yurian) Execuse me, I don’t know why you say no. so, ok, let me come down. ちょっと待って。何でノーなの? 分かったわ。ちょっとそっちへいくわね。
(Simon) Oh, gosh. なんてこった。
(Yurian) Ok, ok. Tell me about that, tell me about that more, why you did say no. Talk to me. はいはい、教えて、もっと教えて。なぜ私がノーなの? さあ教えて。
(Yurian) Hey. おっと。(ブザーの上に肘をのせて)
(Simon) Girl, buzzer is not working unfortunately. お嬢さん、残念ながらブザーは機能しないよ。
(Terry) Biggest time for the other eggs. 次の挑戦者の時間だ。
(Yurian) Bye. さようなら。
(Simon) Now this is why I couldn’t Terry’s job. これだから僕はテリー(ホスト)の仕事は出来ないんだ。
(Terry) I want to tell you I had that exact same hairdo in high school. Yeah, I’m gonna tell you that right now. 僕も高校の頃は君と全く同じ髪型だったんだ。それが言いたかったんだ。
(Simon) She’s left a cut there. 彼女、服を残していったぞ。

<ショー後>
(Julianne) I am a woman of my words, so open your legs like this, okay? 私は約束をまもるのよ。さあ、足を拡げて、こんな感じで。いい?
(Julianne) Now, I’m a kind of gonna make a figure eight this way and this way, now faster, faster, faster, faster and hand on the head, hand on the head. さあ、八の字を作るみたいに。こんな感じで。こんな感じ。早く、もっと早く、早く。手を頭に、手を頭。
(Julianne) Exactly. そう、そんな感じ。
(Yurian) Happy to meet you. お会いできて嬉しかったです。
(Julianne) Happy to meet you, too. 私もよ。
(Howie) Just a moment. ちょっと待って。
(Simon) Happy to meet you, cooperate. 会えて嬉しいよ、一緒に仕事できて。
(Yurian) Thank you, thank you, thank you. ありがとう。ありがとう。
(Howie) We should go. Come on, guys. Come on, Gabriella. さあ、行かなくては。みんな。おいで。ガブリエラも。
(Simon) We should stop right now. さあ、もうやめるんだ。
(Howie) Now she has a boy friend. 彼女、ボーイフレンドが出来たぞ。

気になる単語・フレーズ

flew in to be on: 〜に出演するために飛んで来た

what do you do for a living?: 生活のために何をしているのか?

performer: パフォーマー、芸人

how you make your living: どうやって生活をしているのか?

a life of dancer: ダンサーの生活(はそうしたもの)

stage name: ステージネーム、芸名

how did you come up with that name?: どうしてその名前にしたのか? come up withは「思い付く」

what does that have to do with retriever if you have a cat?: 猫を飼っているとしたら、レトリィバァと何の関係があるのか? have to do withは「関係がある」

whom that we know would you compare yourself to?: 私たちが知っている誰と自分を比べるか? whom that we know「私たちが知っている誰か」。compare yourself to (whom)「自分を比べる」、ここでのtoはto whomに繋がる。

I like your style. I like your taste: styleは「様式」「表現方法」。tasteは「雰囲気」「風味」「味わい」。

oh my gosh: oh my godと同じ。goshはgodの遠回しな言い方。

here it is: さあ始まるぞ。

what the bloody hell was that?: 一体何なんだ。what was that? が通常の言い方。whatとwasの間にthe bloody hellという「一体」という驚きの表現を加えたもの。単にthe hellとしても使われます。

was inspired by: 〜に刺激を受けた

you buzz me: buzzはブザーを押す

choreography: 振り付け

quickly: quicklyは通常「早く」ですが、ここでは「短い期間で」。quite quickly で「ちょっと」という謙遜表現。

sack up: 大胆になる

double-sided tape: 両面テープ

hand on: ぴったりくっ付く

yes: ここでは「合格」の意味

a no: ここでは「不合格」の意味。だから可算名詞扱いで a が付きます。

I would love to do that: 喜んでする。would は仮定法で丁寧な言い方。

let me come down: そちらに降りていかせて。動作としては「行く」ですが、英語では相手を中心に考えるので、「相手に向かって行く」ということで come を使います。ここで go を使うと相手に向かってではなく、全然違う方向に行っています(出て行っています)という異なる意味になります。

hairdo: 髪型

cut: 端切れ。ここでは服の残り。

I am a woman of my words: 約束を守る。of one’s words で「信頼できる」「当てになる」。

I’m a kind of gonna make a figure eight this way: こんな風に八の字を作るみたいに。a kind of は a sort of と同じで「〜っていった風に」と曖昧化する表現。make a figure eightで「八の字を作る」。this wayは「こんな風に」。

審査員とホスト

なお、ビデオの会話の中にも出てくるAmerica’s Got Talent の審査員(Judge)とホスト(Host)は以下の通りです。

<審査員>(審査員席の右から順番に)

Simon Cowell: Simon Cowell executives produces and serves as a judge on NBC’s highly popular alternative series “America’s Got Talent.” Cowell is a record company executive, television and film producer, and global entertainment icon.

Julianne Hough: Julianne Hough is an actress, dancer, singer, producer and Emmy Award-winning choreographer. She is currently a judge on the NBC show “America’s Got Talent.” Hough has been a judge on ABC’s “Dancing with the Stars” and has also starred in such films as “Footloose,” “Rock of Ages,” “Safe Haven” and “Bigger.”

Gabrielle Union: Gabrielle Union has joined “America’s Got Talent” as a judge for the popular show’s 14th season this summer. Union currently co-stars with Jessica Alba as Syd Burnett on Charter Communications’ original drama series “L.A.’s Finest,” a spinoff of the box office hit “Bad Boys.” 

Howie Mandel: Howie Mandel serves as a judge on both “America’s Got Talent” and the global winter edition of the franchise, “America’s Got Talent: The Champions.” 

<ホスト>(ショーの袖にいた人)

Terry Crews: Terry Crews hosts both “America’s Got Talent” and its successful winter edition, “America’s Got Talent: The Champions.” In addition, Crews has co-starred on NBC’s Golden Globe Award-winning comedy “Brooklyn Nine-Nine” for the past six seasons. Crews is an action-movie hero, sitcom star, advertising pitchman, playable video game character, high-end furniture designer and human rights activist. 

ゆりあん、今回の件で見直しました。
こうした海外で活躍する芸人がどんどん出てきて日本の大衆文化を発信してくれるといいですね!

気に入ったフレーズは、定着のため、実際に使ってみよう!

気に入ったフレーズ、気になったフレーズは、まず声に出して読んでみましょう。

そして、自分が実際に使う場面を想像して、一人ロール・プレイをしてみるのも有効です。

でも、それよりも更におススメは実際にネイティブとの会話の中で使ってみることです。

ネイティブの友達がいれば一番いいのですが、そういう人は少ないでしょうし、実際にいたとしても、普段の普通の会話の中で、自分の興味あるフレーズばかりを練習するわけにもいきません。

やはり、英会話学校かオンライン英会話を使いことが一番効果的でしょう。

オンライン英会話

オンライン英会話の魅力はなんといっても安さです。

また特定の教育プログラムよりもむしろ会話重視のところが多く、授業の進め方は、こちらの希望をかなり聞いてくれます。

先生にもよりますが、「今日はこのフレーズを練習して定着させたい」と希望を伝えれば、いろいろなバリエーションで定着練習をしてくれることでしょう。

おススメのオンライン英会話スクールを二つ紹介します。

個人的には、ビジネス英語を意識しているせいか、先生がしっかりしている印象を受ける Bizmates が好きですが、友達みたいな先生がいい方はレアジョブがいいかもしれません。

どちらも無料体験レッスンが付いていますので、まずは気軽に試してみては如何でしょうか?

英会話学校

オンライン英会話は面倒、あるいは、Face to Faceでないと会話が盛り上がらないという方は、英会話学校がいいでしょう。

しかし、グループレッスンでは自分の好きなフレーズ練習はできませんので、個人レッスンとする必要があります。

また、授業のプログラムやテキストがしっかり決まっているところより、生徒のニーズに合わせて自由度が高いカリキュラムを組んでくれる学校が、適しています。

その観点からは、お気に入りフレーズ定着練習には、GABAが圧倒的におススメです。

個人レッスン特化、目的に合わせた自由度の高いレッスン、授業時間の設定・変更も柔軟です。

こちらも無料体験レッスンが付いています。是非、お気軽に試してみては如何でしょうか?


ブログ更新をメールで受信

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。